被害が大きくならないようにねずみ退治

ねずみは畑や山に住んでいることが多いのですが、外敵から身を守るということと、食べ物を探して住みやすい場所を見つけてそこに住み着くことがあります。
家の中は外敵もいないということと、食べ物があるのでねずみにとってはとてもよい環境なのです。そこで巣をつくって繁殖をすることがあります。ねずみは夜行性であり、家に住み着くと夜中に動くことになり寝ているときに物音で起こされてしまうこともあり、気になって眠れないといったこともあります。

家の被害としては柱や壁、家具などをかじられてしまうことであり、時には配線をかじられて漏電や火災になってしまうこともあるのです。


ねずみは数ヶ月で繁殖して数を増やすため被害が大きくならないようにねずみ退治をすることです。
ねずみ退治は業者に依頼して徹底的に駆除をしてもらうという方法があります。



家庭でもねずみ退治を行う方法があるためにあわせて実施するとより効果があります。



まず餌をなるようなものを放置しておかないようにすることと、巣の材料となる新聞紙や布、雑巾などもケースに入れるなど保管します。



市販の粘着シートも効果がありますが、捕獲したねずみは処分しなければなりません。


超音波はねずみにストレスを与え続けて追い出すという方法です。

超音波を使用しながら餌となる食べ物が荒らされないようにすることと、巣の材料を与えないなど、ねずみとって住みにくい環境にして追い出すことがポイントとなります。