ファクタリングについて

ファクタリングは債権のやり取りに関連した金融サービスの一種です。
専門の業者に債権を買い取ってもらうことで債権の回収を委託し、債権の回収に成功した後は、債権者が手数料を支払って債権を買い取ります。

おすすめのファクタリング

これに近いシステムとしては約束手形のやり取りが挙げられますが、ファクタリングは業者が一度債権を買い取るため、これによって貸し倒れのリスクが債権者から業者に移り、債権者は貸し倒れのリスクを回避することができるというメリットがあります。


さらに、約束手形をやり取りする場合は、その発行に対する手続きや費用などのコストが必要となりますが、ファクタリングの場合は、約束手形を発行する必要がないため、これらのコストを節約することができます。さらに、約束手形の場合は、盗難や紛失によって大きな損失を被るリスクを考慮する必要がありますが、ファクタリングの場合は、これを考慮する必要が一切ないということも、大きなメリットと言えるでしょう。一方、ファクタリングのデメリットも、業者、債権者、債務者のいずれにもあります。
まず、業者の場合は、前述の通り、債権を譲り受けることで貸し倒れのリスクを背負うことになります。また、債務者の場合は、業者が倒産すると債権の権利が業者に移っているため、本来の債権者が債権を回収できなくなる可能性があります。

最後に、債務者の場合は、手続きの手数料が約束手形よりも割高になりがちであるという問題点があります。



これは、業者が貸倒を考慮しており、そのリスクを最小限に抑えようとするためです。