ファクタリングとは売掛金の現金化

ファクタリングとは企業が保有している売掛金を現金化するサービスを指します。

売掛金は将来キャッシュを受け取ることのできる権利ですから、債権の一種だと言えるでしょう。

この債権を金融業者が買取ってくれます。

ファクタリング会社

こうすることによって、企業はすぐにキャッシュを受け取ることができるというメリットがあります。

資金繰りに困っている企業なら、このようなサービスを利用するメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

そのメリットはいくつもあります。その一つがキャッシュフローの改善です。



資金が必要なときにファクタリングを利用すれば、債権を売却できますからすぐにキャッシュを手に入れることができます。
これは借り入れではありませんから、担保を差し入れる必要もありませんから、手続きも簡単になります。


また、ノンリコースで債権譲渡を行うことになりますから、バランスシートが複雑にならずに済みます。
バランスシート上では売掛金が消えてキャッシュが増えるだけの簡単なものとなるのです。
ファクタリングの契約にもよりますが、多くの場合には回収のリスクを金融業者が負担してくれます。

つまり、相手企業が支払い不能になったときであっても、請求されることはないのです。
これは売掛金を回収できなくなるリスクの回避にも役立つと言えるでしょう。そのため、経営を安定させるための手段としても用いることができます。



経営の安定を重視する企業にとっては非常に魅力的なことでしょう。